イルミネーションウェブ

  • 会社概要
  • 会員登録
  • ログイン
  • デザイナーの皆様
  • 施工業者の皆様
  • イルミをお考えの皆様

エコアクション

未来につながるイルミネーション

毎年私たちを楽しませてくれるイルミネーションですが、使用後の行方をご存知でしょうか?
実は廃棄されたイルミネーションは焼却あるいは粉砕され、ほとんどが埋め立てゴミとなります。限りある資源を大切に活用することが、今を生きる私たちの共通の課題となっています。
キヌガワ・パックグループはディスプレイ業界に求められるSDGsへの取り組みの一環として未来につながるイルミネーションのあり方を提案します。

未来につながるイルミネーション

SDGsとは

持続可能な開発目標:SDGs(Sustainable Develop-ment Goals)は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

SDGs
達成目標

イルミネーションとSDGs

キヌガワ・パックグループの取り組み

キヌガワ・パックグループでは、全国のイルミネーションイベントを積極的にサポートし、取扱い方法の習熟を通して企業の持続可能性を高め、雇用機会創出を実現するとともに集客力の高いイルミネーションの普及によって地域の活性化を図り、地域間格差の是正に貢献してきました。今後も、より省エネルギーな製品の開発・普及をはじめ、製品の回収再利用の実践を開始し、持続可能な社会の実現へむけ、取り組みを進化させて参ります。

この取り組みのゴール
達成目標

カーボンニュートラルについて

カーボンニュートラル(CN)への流れ

カーボンニュートラルの実現

2020年10月の臨時国会において、菅義偉内閣総理大臣が2050年までのCN実現を目指すことを宣言

カーボンニュートラルとCO2の算定対象

カーボンニュートラルとは地球上の温室効果ガスの排出量と吸収量・除去量を均衡させることです。 そして、企業が取り組むCO2削減としての算定対象は、自社由来の排出だけでなく、サプライチェーン全体の排出が対象となります。サプライチェーン全体のCO2排出は、Scope1-3の3つに区分されています。

サプライチェーン全体のCO2排出区分

イルミネーションによるカーボンニュートラルの形

サプライチェーンで考えるカーボンニュートラルの実現

サプライチェーンで発生するCO2排出図

(例:当社で販売から施工まで実施する場合)

イルミネーション事業全体におけるカーボンニュートラルを、サプライチェーンで考えると、上記のような流れとなります。このような流れの中で、カーボンニュートラルの実現に向けた活動内容を検討しております。 またこれに向けて実行可能な活動を考えると、以下のカテゴリーについて実行できる可能性があります。

CO2排出量算出とカーボンニュートラルの実践

CO2排出量の算出を行い、カーボンニュートラルの達成に資する製品・サービスを実現しました。とりわけ、キヌガワ・パックグループでは、それへの実現に向け、より省エネルギーな製品の普及、廃棄物を有価物として回収リサイクルに取り組んでいます。省電力化と輝度の確保により、イルミネーションの持つ光の力を最大限に引き出します。

  • 従来品比約40%OFFの
    省エネ・CO2排出を実現

    ストリングスライトウルトラエコ

    新開発のストリングスライトウルトラエコは、消費電力1.7Wを達成し、消費電力3Wのエコルミックストリングスと比較して、約40%の省エネを実現した節電効果の高い製品です。

    商品を見る
  • ソーラー発電とバッテリーの
    コラボレーション

    ソーラーストリングスライト1200球

    充電バッテリー一体型のソーラーパネルで日中に発電した電気を蓄えることで、夜間に専用ストリングスライトを点灯させることができます。ソーラーパネル一体型で取り扱いやすく、満充電で8時間の連続点灯ができます。点灯時に化石燃料由来の電気に依存せず、節電になるだけでなく、カーボンニュートラルにも貢献します。

    商品を見る
  • ソーラー発電を通常電源で補完し
    安定供給を実現 ・CO2排出を抑制

    ハイブリッドイルミネーションシステム

    ソーラーパネルと通常電源を切替アダプターで制御し、最適な電圧を維持しながら節電と安定したイルミネーション点灯を両立する画期的なハイブリッドシステムです。

    商品を見る
  • イルミネーションの回収リサイクルで
    廃棄時のCO2排出量を実質「0」に

    イルミネーションリサイクル

    全てのイルミネーションを対象に回収リサイクルを実施することで、銅資源の自給率を高めると共に廃棄時のCO2排出量削減に大きく貢献します。

    詳細を見る

「有価で買い取られたり、無償で引き取られる不要物」は、有価物(※)に該当します。有価物は、サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドライン(Ver.2.2)にてカテゴリ5の対象外という記載があり、算定は不要になります。
※環境省Q&A サプライチェーン排出量算定におけるよくある質問と回答集 2023年3月 改訂・2016年3月 発行

イルミネーションリサイクル

イルミネーションリサイクルの流れ

現在、使用後のイルミネーションはそのほとんどが、産業廃棄物として処分されています。イルミネーションを再生するために必要な工程をより詳しくこちらでご紹介いたします。

詳細を見る

銅資源を自給する未来に向けて

カーボンニュートラル社会の実現のために、電気自動車の普及を始め主要インフラの電化が進むことなどを受け、イルミネーションの製造に必要な銅は、2050年までに枯渇することが懸念されており、再利用等による資源循環の促進や権益を持つ海外の鉱山からの調達を合わせて銅を含む非鉄金属などの基礎資源について、自給率を2030年までに80%にする※目標が掲げられています。

全てのイルミネーションが回収対象です。
回収対象のイルミネーションに制限はありません。

  • ※イルミネーションでない場合、回収対象外となります。
  • ※リサイクルに伴う費用は無償となります。指定場所に送る送料のみご負担いただきます。再資源化処理の証明書を発行いたします。
  • ※回収対象商品は変更となる場合があります。
  • ※その他、詳細につきましては最寄りの営業所までお問合せください。

パンチカーペット グリーンポイント制度

SDGsへの貢献をPR

持続可能な世界を実現するための17ゴールから構成されているSDGsのうち、3つのゴールに貢献します。

ステッカーで取り組みをPR

専用ステッカーを表示することができますので、豊かな緑の育成を分かりやすくアピールできます。

ステッカー
Present Tree.®️は、認定NPO法人 環境リレーションズ研究所の登録商標です。

CO₂削減を支援し埋め合わせ

施工時に発生するCO₂が植樹によって相殺・低減されますので、他社様との差別化ツールとして、ご活用いただくことができます。

植樹証明書を発行

植樹を実施した際には、お客様に植樹証明書を発行しています。

植樹証明書イメージ

ログイン LOGIN

会員登録がお済みの方はこちらからログインください。
まだの方はこちらより登録をお願いいたします。

メールアドレス
パスワード

→パスワードをお忘れの方はこちらから